今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

被災地への年賀状はだしてよいの?


年賀状作成が簡単!年賀家族

被災地への年賀状はだしてよいの?

地震や水害などの被害に遭った方への年賀状は送っていいものかどうか、悩ましいものですね。

 

避難生活や家の片付けなどに忙殺されて、年賀状どころか、新年を祝うどころではないという方も多いことでしょう。

 

一方で、年賀状を送りあうことで、元気を出したいと思う方もいらっしゃいます。

 

あえて普段通りに年賀状を送りあい、例年通り普通に過ごす、というのもひとつの考え方ではありますし、考え方は人それぞれと言っていいでしょう。

 

もし年賀状を出すのがためらわれるなら、年内にお見舞い状を出すか、年が明けてから寒中見舞いを出すのも良いですね。

 

年始の挨拶状を送りたいなら、「賀」や「寿」などのおめでたい意味を表すような漢字を使わないようにし、賀詞を省いたり、「おめでとう」という言葉も避けると良いでしょう。

 

賀詞を使う代わりに「初春のご挨拶を申し上げます」のような挨拶文を使い、復興と幸せを願うような内容の言葉を添えましょう。

 

相手が大変な災害に遭ったからといって、あれこれ考えあぐねて何も送らないのはかえって寂しいものです。

 

失礼のないようにすることは大切なことではありますが、賀詞や言葉にこだわりすぎず、相手を思いやるような言葉を添えて、年賀状なりお見舞い状を送りましょう。

 

受け取った方は「自分のことを気遣ってくれた」と嬉しく感じるものです。

 

ぜひ手書きで、心のこもった言葉を添えて、送ってください。

 

そして被災地の復興と幸せを祈りましょう。