今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

年賀状では縁起の悪い表現はさける


年賀状作成が簡単!年賀家族

年賀状では縁起の悪い表現はさける

近年では徐々に送る人が減っていると言われている年賀状。

 

昔は家族間で誰が一番多くもらったなど競い合った人も多いのではないでしょうか。

 

元旦に年賀状を受け取ると嬉しい気持ちになる方も多いでしょう。

 

日ごろお世話になっている人に新年のご挨拶を遠くにいる方にも手紙という形で行う、という日本の古き良き文化として、後世に残していきたい文化でもありますね。

 

そんな年賀状では縁起の悪い表現はさける方が良いとされています。

 

一年の一番最初の日、しかも朝に届く郵便物である年賀状に、もしも縁起の悪い表現が用いられていたとしたら、受け取った側はどう思うでしょうか。

 

その日一日どころか、一年が台無しになった気分になってしまうでしょう。

 

特に避けたい表現として、忌み言葉が挙げる事ができます。

 

忌み言葉とは、お祝いの席では避けるべき言葉の事です。

 

具体的には、「枯れる」や「衰える」、「病む」「失う」「滅びる」「倒れる」「絶える」「別れる」など、負のイメージを連想する言葉です。

 

 

一目見ただけでもマイナスな言葉が揃っているのがわかります。

 

気をつけたいのが「去る」も忌み言葉にあたるため、「去年」ではなく「昨年」を使用しましょう。

 

また、受験生が家族にいる相手には「落ちる」や「滑る」なども避けた方が良いでしょう。

 

このように少しの配慮を怠ったが故に、年賀状を受け取った相手が新年から嫌な気分にならないように、お互いが気持ちよく年賀状を送り合うのもマナーの一つです。