今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

年賀状の由来


年賀状作成が簡単!年賀家族

年賀状の由来

日本では、いつのころからか新年のご挨拶をするための年賀状を送る習慣があります。

 

これは外国にはあまりなく、日本ならではの風習です。

 

当たり前のように毎年贈っている年賀状。

 

では、この風習はいつごろからあるものなのか皆さんはご存じでしょうか。

 

年賀状誕生の歴史は平安時代に遡ります。

 

この時代の学者、藤原の明衡が文例集「庭訓往来」の中で「春の初めの御悦び、貴方に向かってまず祝い申し候」といった新年のお祝いの言葉を述べた例文を載せたこと、それが年賀状の始まりとされています。

 

また、このころから親族やお世話になった方々の各家へ新年の挨拶に伺う「挨拶回り」といった風習も出てきています。

 

その後、江戸時代に入ると、何かと付き合いが広くなり忙しい武士の間では挨拶回りではなく、書状だけで挨拶を済ます「年賀状」を送る機会が増えていきます。

 

ですから、このころ新年の年賀を書いた書状をを運ぶ飛脚は年末年始は大活躍でした。

 

庶民は大正時代のころまではまだ「挨拶回り」が主流だったようです。

 

明治6年に郵便はがきが発行されるようになり、そのころから大衆がお世話になった方に年賀状を出すという風習が徐々に広まります。

 

そして、明治32年ころから前年度出したものは元日に配達されるようなシステムになったこと。

 

昭和24年からお年玉付き年賀はがきが発売されるようになったこと。

 

などが、多くの人が関心を持ち、全国的に新年のお祝いの気持ちを込めてたくさんの年賀状を出すようになるきっかけとなっていったようです。