今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

年賀状の宛名は縦書きと横書きどちらが正しい?


年賀状作成が簡単!年賀家族

年賀状の宛名は縦書きと横書きどちらが正しい?

年賀状も含め、葉書では、受取人の住所や氏名などいわゆる「宛名」を書く面を「表面」といいます。

 

この「表面」を書くことを「表書き」といいます。

 

反対に内容を書く面を「裏面」をいいます。

 

同じように、「裏面」を書くことを「裏書き」といいます。

 

一般的には、年賀状の宛名は、縦書きと横書きのどちらでも良いとされています。

 

ただし、目上の人に出す場合、横書きはマナー違反です。

 

特に、上司や取引先などのビジネス上の関係者、年配の方、しきたりを重視する方などには、縦書きで宛名を書きます。

 

あまり会う機会のない、遠い親戚なども含まれるでしょう。

 

表面と裏面で縦横を揃えるのが基本ですので、裏面も縦書きで書きます。

 

宛名を縦書きにした場合、住所の番地は略さずに「××番地○○号」までしっかり書きます。

 

番地などの途中で改行しないようにします。

 

また、郵便番号以外の番地などの数字は、必ず漢数字を使用します。

 

特にビジネスでの宛名書きで気を付ける点は、会社名称は略さずに、正式名称で書くことです。

 

(株)、(有)ではなく、株式会社、有限会社を使用します。

 

上記以外の親しい方、例えば同僚や、友人、近しい親族などであれば、横書きでも大丈夫です。

 

この場合も裏面は横書きで記入し、表裏を統一します。

 

横書きの場合は、住所の番地などの数字は算用数字を使いますが、それ以外の点は縦書きと同じように書きます。

 

どちらの場合も、受取人が不快にならないように、宛名に間違いがないか、再度チェックして投函しましょう。