今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

年賀状で宛名印刷の書体の選び方


年賀状作成が簡単!年賀家族

年賀状で宛名印刷の書体の選び方

年賀状で宛名印刷をする際に気をつけて選びたいのが書体です。

 

明朝体が最も一般的で、最初の印刷イメージで選ばれているのもほとんどの宛名ソフトが明朝体です。

 

会社名発送の年賀状や仕事上のお付き合いの方、目上の方へ送る場合は明朝体が無難です。

 

一言で明朝体と言っても太さやバランス、数字の形などが違うタイプのものがあるので、ご自分のイメージに合ったものが選べます。

 

家族写真などをデザインに取り入れて、お友達に送る場合やお子様のお名前で送る場合などには丸ゴシック系の柔らかいイメージの書体がお勧めです。

 

印象がかわいらしくなります。

 

デザイン面が重厚なイメージの筆で描かれていたり、大人の雰囲気が漂う版画などの場合は隷書体や行書体のような筆文字をイメージした書体が合います。

 

ハイセンスな印象のデザイナーズ年賀状には細めのゴシック体が合います。

 

いずれも送る相手はもとより、デザイン印刷面との相性も考えて宛名書きの書体を選ぶと洗練された印象の年賀状になります。

 

印刷ソフトに住所録のデータを入力し、ご自分の名前や住所も入力し終わったら、印刷イメージを確認することもお勧めします。

 

大変長い住所の方やご家族が多くてお名前が沢山並ぶ方は、選んだ書体によっては文字がごちゃごちゃして見にくくなる場合があります。

 

そのような場合はすっきりとした書体に変更すると見栄えがよくなります。

 

ひと手間掛かりますが受け取った方の印象はぐっと良くなります。