今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

年賀状受け付けはいつから?


年賀状作成が簡単!年賀家族

年賀状受け付けはいつから?

年賀状の受け付けは12月15日からです。

 

この日から12月25日までに出せば基本的に元日に届きます。

 

年賀状は1月7日までの松の内に届けば「年賀状」として扱われますが、 7日を過ぎてしまったら「寒中見舞い」となります。

 

「寒中見舞い」の期限は2月4日の立春までとなり、それまでは年賀状の返礼として投函できます。

 

また他にも一般的な季節の挨拶として使えますが、喪中の人への挨拶として使うことができるので様々な場面で用いることが可能です。

 

特に自然災害が多い昨今、被災地の方に新年の挨拶をしたい場合は「寒中見舞い」をおすすめします。

 

正月とは祝うための期間ですが、悲しいことがあった方や喪中の方は一緒に祝うことは基本的にできません。

 

それどころか正月の間は、自重しなくてはいけません。

 

そのため不幸があった方は「年賀状」を出す事はできませんが、「寒中見舞い」であれば別です。

 

ただしこの「寒中見舞い」はあくまでお礼のはがきであり、「年賀状」ではないので要注意です。

 

また受け付けは12月15日から始まりますが、それ以前に投函することもできます。

 

投函するだけなら通常郵便の流れとして届いてしまいますが、希望すれば日付の調整は可能です。

 

ただしこの場合は郵便局で申請しなくてはいけません。

 

なお年明けの営業初日まで郵便局で預かってもらい、営業開始日以降に配達することもできますが、この方法は主に企業が用いています。

 

ちなみに今年の年賀状の受け付け開始日もまた12月15日からとなります。