今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

年賀状によく使われる賀詞の種類と意味


年賀状作成が簡単!年賀家族

年賀状によく使われる賀詞の種類と意味

パソコンの年賀状作成ソフトをつかっている人の多くは、見た目の印象で年賀状のデザインを決めていることが多いのではないでしょうか。

 

実は、デザインに何気なく組み込まれている「謹賀新年」や「迎春」などといった言葉にはちゃんと意味があり、正しい言葉を選択しないと相手に対して失礼になってしまいます。

 

挨拶状やお礼状で用いられる祝いの言葉を「賀詞」と呼びますが、年賀状に適した賀詞にはたくさんの種類があります。

 

例をいくつか述べると、新年を迎えたことを意味する「迎春」。

 

正月の訪れを祝う意味で用いられる「賀正」。

 

4文字のものとしては、謹んで新年を迎えたことを祝うという意味がある「謹賀新年」や、

 

恭しく年が明けたことを祝う「恭賀新年」が代表的です。

 

熟語の代わりに一文で表現するパターンもよく用いられます。

 

このパターンで代表的なものには、迎春と同じような意味である「あけましておめでとうございます」や、

 

謹賀新年とほぼおなじ意味である「謹んで新春のお慶びを申し上げます」が挙げられます。

 

また、若い人が年賀状を作成する際には「Happy New Year」という英文が組み込まれたデザインを選ぶことが多いですが、この英文も賀詞の一種とみなすことができます。

 

この英文を用いる場合に注意したいのは、冠詞を付け加えた「A Happy New Year」との誤用です。

 

冠詞の「A」をつけた場合は、年が明ける前の挨拶表現となってしまうので、年賀状を送る際には冠詞をつけないようにしましょう。