今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

年賀はがきと年賀状の違い


年賀状作成が簡単!年賀家族

年賀はがきと年賀状の違い

日常会話の中で、年賀はがきと年賀状は、ほぼ同じような意味合いで用いられることが多いですが、これらは本来まったく違うものであり、同じ意味の言葉として用いるのは誤りです。

 

年賀はがきは、日本郵便株式会社が発売しているお年玉付郵便はがきのことを指します

年賀状は
、新しい年を迎えた後に親しい人や仕事でお世話になっている人などに出す、年始の挨拶状全般を指します。

 

年賀状は、ひと昔前までであれば年賀はがきか封書の形にすることがほとんどでした。

 

インターネットが普及し、連絡がメールで行われることが多くなった現在は、年賀はがきを利用するケースは少しずつ減ってきています。

 

代わりに、手軽かつお金をかけずに、相手に年始の挨拶をすることができる年賀メールや電子年賀状が選択されるケースが増えてきており、年賀状の形も多様化してきています。

 

年賀はがきを用いて年賀状を送る場合は、郵便局のスタッフによって仕分けされ、配達されるため、配達の途中でトラブルが起こらないかぎり相手には確実に届けられます。

 

しかし、年賀メールの場合、1月1日の午前0時を迎えた瞬間にたくさんの人が同時に新年の挨拶メールを送信します。

 

通信会社のメールサーバーに多大な負荷がかかることから、通信会社は毎年、日付が1月1日になる前後には年賀メールの送信を自粛するよう求めています。

 

メールで新年の挨拶を確実に相手に届けたいのであれば、新年を迎えて少し経ってから行うようにしましょう。