今年の年賀状印刷人気No.1!
管理人も年賀家族を利用しています!

余った年賀状はどうしてる?


年賀状作成が簡単!年賀家族

余った年賀状はどうしてる?

年賀はがきが発売になると、ああ今年は何枚必要かな、と年内にあわただしく書く分と、年始に届いてしまう出さなかった相手の分を見積もりますよね。

 

ほとんどの人は、もしも足りなかったらどうしよう、という気持ちが働いてしまい、毎回多めに購入しているのではないでしょうか。

 

そしてお正月になり、ポストを開けてみると、受け取る年賀状の数はたいがい少なく、出さなかった相手からのものも考えていた枚数よりもずっと少ない、という場合が多いことでしょう。

 

机の上の、まだまっさらな年賀状にため息が出てしまいますね。

 

余ってしまった年賀状も通常のはがきと同じです。

 

ですから、年賀状独特のデザインさえ気にならなければ、そのまま官製はがきとして使用することができます。

 

なんとなく恥ずかしい、というのならば懸賞や応募はがきとして使用してみてはいかがでしょうか。

 

また、郵便局に持っていけば、通常1枚5円の手数料にて、切手やはがきなど他のサービスに交換することができます。

 

近親者のご不幸による服喪のため、利用できなくなったお年玉付き年賀はがき・寄付金付き年賀郵便切手については、無料で通常切手類と交換できます。
交換時期も販売終了日までと決まっていますのでお早めに。

 

誤って購入した場合も無料にて交換できます。はがきの種類によっては別に代金が生じる場合もあるので注意してください。

 

現金に替えて欲しいなら、金券ショップで買い取ってもらう方法もあります。交換率はお店によって変わります。

 

せっかっくですのでボランティアに生かしてみる、という方法はいかがでしょうか。

 

NGO団体に寄付すると、ちょっと気軽な国際協力活動となります。

 

バングラディシュやネパールなどの途上国の子どもや女性の生活向上支援やフェアトレードを支援することができます。

 

余剰年賀状で国際協力の一端を担えるなんて、素敵ですね。